【Zoom】カメラに映りたくない!オンライン飲み会で素顔隠す方法

Zoomでのオンライン飲み会が盛り上がっています。

でも、顔出しは恥ずかしいし、万が一何かあるとイヤですよね・・・。

私自身、素顔を勝手に公開された経験があります。

ということで、今回はZoomで顔を見せずに済む方法をまとめました。

オンライン飲み会は参加したいけど素顔を隠したい方、参考にしてみてください。

肌の調子を良く見せたい!外見補正

Zoomには外見補正(美肌モード)機能が備わっています。

すっぴんやメイクのりが悪い時には便利ですが、残念ながら顔は隠れません

若干肌がキレイに見える程度です。

一度設定してしまえば、チェックは入りっぱなし(=外見補正あり)です。

手順①「ビデオフィルタを適用する」にチェック

画面左下の「ビデオ↑」マークをクリック
チェックを入れる

「ビデオ設定」→Macの場合「ビデオフィルタを適用する」/Windowsの場合「外見を補正する」にチェックを入れます。

スマホでも設定画面から変更可能です。

時間がない!カメラを隠す

とっさに顔を隠したい時は、指でPCのカメラを覆いましょう

何の設定もいらないので早いです。

ですが、招待URLから会議に参加したり、うっかり忘れてたりすると、思いっきり顔が映ってしまうので注意してください。

手順①PCカメラを指で覆う

指でカメラを覆うと真っ暗に。

片手でカメラを押さえ、もう一方の手で左下の「ビデオ停止」をクリックすればカメラは動かなくなります。

指の代わりに、カメラに付箋やメモなどを貼っておくと慌てなくて済みます。

事前に設定変更!カメラオフ

Zoomをインストールしているなら、ビデオ設定をオフに変更してしまいましょう。

これなら毎回手で覆ったり付箋を貼ったりする必要がありません。

手順①「ミィーティングの参加の際にマイビデオをオフにします」にチェック

ビデオ切っちゃう

「設定」→「ビデオ」→「ミィーティングの参加の際にマイビデオをオフにします」にチェックを入れます。

おすすめ!Snap Camera

Lensは「Easter Baby Chick」

顔を隠すためのおすすめツールは「Snap Camera」です。

加工はLens(エフェクト・フィルター・アバター)と呼ばれ、豊富な種類が用意されています。

キャラクター系ならほぼ顔は隠れます。

無料ですし、Google Meet(ハングアウト Meet)・Skype・Microsoft Teamsにも対応しています。

MacのZoomを最新版にアップデートすると使えなくなりました(泣)Windowsは今の所大丈夫なようです。

手順①公式サイトにアクセス

Snap Camera

公式サイトSnap Cameraにアクセスし、「Download」をクリックします。

手順②ダウンロード

利用規約にチェック、「私はロボットではありません」にチェックします。

(※メールアドレスは不要)

MacかWindowsをクリックするとダウンロードが始まります。

手順③加工選択

手順に沿っていくと「Snap Camera」が起動します。

「Next」→「Finish」をクリックしていくと、使えるようになります。

お気に入りの加工は☆マークをつけておくといいでしょう。

手順④カメラ切り替え

「Snap Camera」を起動した状態でZoomも起動します。

「設定」→カメラ「Snap Camera」を選択すれば完了です。

レッツ バ美肉!アバター

Steam:FaceRig

Zoomはいわゆるバーチャル(仮想)アバターにも対応しています。

有名なのは「FaceRig」です。

有償(1,480円)ですが、本格的なアバターが使えます。

また、かわいい女の子のMMDファイルがあれば、あなたもバーチャル美少女になれちゃいます☆

アバターにこだわりたい方・VTuberデビューしたい方は購入を検討してみてください。

わたしもバ美肉したい。

まとめ

Zoomで素顔を出したくない時の対処方法をまとめました。

一番使いやすいのは「Snap Camera」でしょう。

無料・表情反映・バリエーション豊富と三拍子揃っています。

顔出ししなくても円滑にコミュニケーションできます。

オンライン飲み会は楽しいですが、ビデオに映るのが恥ずかしい人やリスクを避けたい人もいます。

顔出しの強要や許可なし撮影はやめましょうね。

【バーチャル背景】アラサー世代ならテンション上がる!懐かし画像も読んでみてください。

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!