WordPress運営を始めるなら〇〇してはいけない!3つの罠

これからサイトを開設しようと思っている。

記事を書いているのに、閲覧数が伸びない。

100以上のWordPress運営に関わったところ、初心者が陥る罠を見つけました。

せっかくサイト運営するなら、結果出したいですよね。

あらかじめ3つの罠と対応策をチェックしておきましょう。

テーマにお金をかける

「世界に一つだけのデザインがいいから、オリジナルテーマを依頼しよう!」

本気で言ってますか?

会社なら多少のお金をかけるのはいいとして、個人ブログではおすすめしません。

制作会社に頼んだら数十万円かかります。

しかも制作したら終わり、じゃないです。

運営しているうちに、バグる・困ることも出てきます。

カスタマイズしたい部分もあるでしょう。

ですがオリジナルテーマの場合、中身は闇。

運営者(あなた)はもちろん、WordPress経験者でも調べて直すのは難しいんです。

再度、制作会社に注文しなければいけません。

ほんの一握りだけど、相場の倍の料金をふっかける悪徳業者もいるよ。クライアント困ってたよ。

WordPressを始めるなら、まずは無料テーマを使ってみてはいかがでしょうか。

無料のプラグインやちょっとしたカスタマイズでも、デザインはがらりと変わります。

どうしてもこだわりたいなら、有料テーマをおすすめします。

有料テーマの選ぶポイントは2点。

・開発者に質問できる(フォーラムが用意されている)

・ユーザー数が多い(情報量が豊富)

必要以上にテーマにお金をかけても、搾取されるだけです。

1文目で自分の名前を書く

「こんにちは、(名前)です!」

って言いたい気持ち、すっごく分かります。(私も以前やっていた。)

「有名ブログはみんな名前を言ってるじゃないか!」

そうなんですよね。

なぜ、最初に名前を言うか考えたことありますか?

いわゆる「賢威」です。

この人が言うなら正しいんでしょう、そう思わせるために有名ブロガーは名乗っているんです。

ある程度認知度の高い人が使える技なんですね。

あとは記事の内容に深く関わる人。

例えば、〇〇病院の医師が医療関係のアドバイスをする、とかそういうことです。

どちらにも当てはまらないならやめたほうがいいです。

有名人でもなく専門家でもない、なのに名乗るとしたら。

たった数文字であっても、あなたの名前は読者にとっては要らない情報なんですよね。

名前に続いて、時候の挨拶・最近あった出来事も書こうものなら、そっと読者は離れるでしょう。

記事の内容に関係ないことは書かない、これ大事です。

どうしても名前を覚えてほしいなら、記事の最後に書くといいよ。

3ヶ月で結果が出ると思っている

「誰も読んでくれない、もうやだ・・・。」

そうなんですよね、WordPress運営は思った以上に地道なんですよね。

毎日投稿を3ヶ月続けたとして、閲覧数が伸びないこともあります。

アフィリエイト成約なんて夢のまた夢と、がっかりしているかもしれませんね。

辞めたくなりますよね。

ここで提案です。

お気に入りのブログや検索上位のブログの記事数と運営期間を確認してみてください。

公開記事は50以上・運営期間は半年以上のはずです。

それくらいは必要なんですよね。

3ヶ月で見切るのはちょっと早いのではないでしょうか?

コツコツやってたら、半年後にはサーバー代くらいは毎月稼げるはずです。

ちなみに当ブログは開設から半年で閲覧数おおよそ8,000。今では毎月数千円の利益が出てるよ。

まとめ

WordPress初心者がハマる罠、3つを紹介しました。

・テーマにお金をかける→まずは無料テーマ

・1文目で自分の名前を書く→削除

・3ヶ月で結果が出ると思っている→最低半年は待つ

最低限この3つを改善するだけでも変わるはずです。

あとは個々のブログに合わせて、検証・修正するだけです。

あせらずゆっくり、記事を公開していきましょう。

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!