Macのデュアルディスプレイ設定方法!超簡単に効率アップ

MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)を使っているのですが、

ちょっと狭い・・・。

ってことで、ディスプレイ(モニター)を1台追加しました。

思った以上に簡単だったので、手順と買った商品を紹介します。

手順①モニターを選ぶ

モニターを選ぶときのポイントは予算・サイズ・口コミ

私の場合、

・予算:1万〜2万円

・サイズ:20〜23型

の条件に合い、評価が良かった「EX-LD2071TB」を買いました。

ついでにケーブルも選ぶ

モニターとMacをつなぐケーブルが必要です。

モニター付属ケーブルがHDMI、MacはType-Cなので変換しなければいけません。

USB Type C to HDMI交換ケーブル」を買いました。

これなら1本でつながるため、スッキリします。

ついでにモニター台も選ぶ

モニターを置くための台も買っとこ。

無くてもいいですが、Macの画面とモニター画面の高さが大幅に変わるですよ。

つまり、画面を行き来する度に目線の高さが変わるということ。

お目々が疲れちゃうね。

高さを調整できるものがベターです。

FITUEYES モニター台」を買いました。

(※スリット付きですが、「USB Type C to HDMI交換ケーブル」はギリギリ通り、付属ケーブルは無理な幅です。スリットは無くてもいいかも)

手順②モニターとMacをつなぐ

モニターの電源ケーブルをコンセントに挿し、ケーブルをMacに挿します。

これだけでモニターに画面が映ります。

インストールやら何やらは不要です。

やったぜ!

手順③細かい設定を変える(Mac側)

つないだだけでディスプレイは表示されますが、Macの設定を変更しておきましょう。

位置を変える

「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「配置」→ドラッグして位置を変更する(モニターが右、左とか)

ここでは、

・モードの変更(拡張デスクトップモード・ビデオミラーリング)

・解像度の変更

・メインディスプレイの変更

も可能です。

あと、画面をまたがってサイトのページなんかを表示することもできます。(多分使わない)

「システム環境設定」Mission Control」→「ディスプレイごとに個別の操作スペース」のチェックを外します。

再起動すると適用されます。

Macから音を出す

「システム環境設定」→「サウンド」→出力装置は「内蔵(Mac)」を選択します。

下の「EX-LD2071TB」が選択されていると、モニターから音出ちゃいます。

手順④細かい設定を変える(モニター側)

ここからは好みなので、特にしなくてもいいです。

参考程度にどうぞ。

モニターの設定を変えるには、本体のスイッチをカチカチします。

EX-LD2071TB」の場合、右下にポッチがあります。

音量をゼロにする

モニターではなく、Macから音を出したいので消音します。

「MENU」と「◁」同時押し→「ボリューム調整」→0へ変更。

(先述の設定でも変更できてるけど念のため)

表示の色合いを変える

初期設定だと、かなり明るく(まぶしく)感じます。

輝度とかを下げます。

「MENU」→「映像設定」へ進みます。

・輝度5

・コントラスト-26

・色調整(明るさ50・色合い15・色の濃さ60)

他にもいじりたかったら、付属の説明書またはオンライン説明書を読んでください。

まとめ

Macのデュアルディスプレイ、思った以上に簡単でした。

モニタとケーブルを買ってきて挿せばOK!

ちょー快適です。

今年(2020年)もお仕事がんばれそうです。

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!