【書評】王子様はやってこないから『幸せになる勇気』を持て

→約 1 分で読めるよ〜

映画で、主人公が涙するシーンが流れた。

最初は気になって、見るだろう。

だが、延々と泣いていたら?

そのうち嫌になる。

当たり前だ。

「涙ふいて、行動しろよ。面倒くさい。」と思う。

 

 

当たり前なのに、壊れたように同じ話をする人がいる。

例えば、「パワハラで会社を辞めた」過去がある。

きっと苦しかったに違いない。

「あの上司さえ居なければ・・・。」

「そのせいで、今こんなツライんだ・・・。」

そう思うのも仕方ない。

本当の気持ちを吐き出すのも、時には必要だ。

 

ただ、延々と続けるのなら別だ。

「悲劇のヒーロー/ヒロイン」を演じ、

悪役を作り、

観客の興味を引こうとする。

演じるのに夢中で、

観客もストーリー展開も考えていない。

 

過去に囚われる気持ちはわかる。

だが、泣く演技を一生続けるのだろうか。

そのまま死ぬの?死なないでしょ?

それなら早く涙を拭いて、つぎのシーンを考えてみてはいかがだろうか。


王子様は迎えに来てくれないぞ。

と、『幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII 』を読んで

思いました。

登場人物の青年が、狂ったように「オレクルシイ・アイツノセイ」って言います。

腹たちます。

ぶん殴りたくなります。

反面教師として最高のキャラなので、読んでみてください。

ここでしか読めない!話題のやめ太郎さんへの質問

Qiitaに投稿する度、話題になる!
やめ太郎さんが、面白おかしく記事を書けるのは
前職がコールセンターだったから??
Twitterも要チェック☆

ほかにも50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!