【Trello】Slack連携でカード作成や通知をする2つの方法!タスク管理に◎

→約 3 分で読めるよ〜

チームでプロジェクトを進めるときには、

タスク管理ツール「Trello」が便利ですよね。

でも、「いつの間にかタスクが増えていた」「Slackで毎回聞くのも面倒だし」

と感じるときって、ありますよね。

そんなときはTrelloSlackを連携して見ては?

Trelloへ切り替えなくてもSlackでカードを作成したり、

Trelloで作業した内容をSlackに通知したりと、さらに効率的にタスク管理ができますよ!

Slackをメインに使うなら「Trelloアプリ」(目安5分)

チャットが中心という方はこちらをオススメ!

Slackだけで、カードの作成もできちゃいます。

必要なのはTrelloのチームと、Slackワークスペースです。

(Trelloを始めるにはこちら・Slackを始めるにはこちら

Trelloのチームを作成する

Trelloボードの右上メニューで、「+」をクリックします。

「チームを作成する」をクリックします。

名前を入力し、「作成」をクリックします。

チームとボードを連携する

「ボードメニュー」→「もっと見る」→「設定」→「チームを変更」に進みます。

さきほど作成したチームを選びます。

ここまでが、Trello上の設定です。

Trello」ページにアクセスする

Slackの「Trello」ページにアクセスします。

右上で追加したいワークスペースを選び、「サイトにアクセスしてインストールする」をクリックします。

Slackに追加する

「Add to Slack」をクリックします。

連携したいTrelloのチームを選びます。

もしここで表示されない場合は、チームが正しく作成できていない可能性があります。

手順1に戻って、再度試してみてくださいね。

インストールする

項目がたくさんありますが、気にせず下にスクロールします。

「インストール」をクリックします。

結果

Slack上のAppには「Trello」が追加され、チャットも届いていますね!

チャンネルにbotを招待する

使いたいチャンネルで、コマンドを打ちます。

ボードのURLは変えてくださいね。

カードを作成してみる

と打つと、「nemui」という名前のカードが作れます。

Trelloで確認すると、ちゃんとカードが追加されていますね!

コマンドはたくさんあるよ。「/trello help」で見てみてね。

Trelloでも作業したいなら「Trelloアラート」(目安3分)

チームでタスクを細かく管理している、という場合はこちら。

Trelloでカード作成や移動があったときに通知してくれます。

必要なのはTrelloのボードと、Slackワークスペースです。

(Trelloを始めるにはこちら・Slackを始めるにはこちら

 「Trello」アプリにアクセス

 「Trello」アプリにアクセスします。

「Trelloアラート」のアプリ画面が表示されます。

右上で追加したいワークスペースを選び、「設定を追加」をクリックします。

アカウント認証をする

緑色の「Trelloアカウントを認証する」をクリックします。

「許可しますか?」と表示されるので、「許可」をクリックします。

チャンネルを設定する

認証が終わったら、どのチャンネルに通知を行うかを選びます。

「Trelloインテグレーションを追加する」をクリックします。

通知アクションなどを選ぶ

詳細を設定します。

使うTrelloボードを選び、何をしたら通知してほしいかチェックします。

カード作成系は全チェック入れてもいいと思いますが、お好みでどうぞ♪

投稿先のチャンネルを確認します。

表示名やアイコンのカスタマイズもできます。

名前は「(ボード名)の通知」が分かりやすいかも?

設定を保存する

設定し終わったら、「インテグレーションの保存」をクリックします。

結果

Trelloでカード作成すると、Slackにも通知が来ました!

カードの追加が、すぐに気付けるね!

参考

Slack で Trello を利用する – Slack

SlackとTrello(トレロ)の連携方法。タスク管理もこれで完璧! | ビジネスチャットマスター

まとめ

TrelloSlackを連携する方法をまとめました。

特にチームで進めると、「こんなタスク知らないよお(;´∀`)」ってなりがち!

毎回それぞれのタブを開かなくて済むので、

タスク管理が漏れなくスピーディに行えますね♪

ここでしか読めない!話題のやめ太郎さんへの質問

Qiitaに投稿する度、話題になる!
やめ太郎さんが、面白おかしく記事を書けるのは
前職がコールセンターだったから??
Twitterも要チェック☆

ほかにも50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!