【GoogleAdSense】「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります」エックスサーバーでの対応方法

→約 2 分で読めるよ〜

Google AdSenseに見慣れない表示が・・・!

「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」

収益に重大な影響が出ないよう・・・!?

ってことで、急いでエックスサーバーで対応した方法を書いていきます。

サイト運営者 ID を確認→テキスト作成→テキストをアップロードという流れで、

10分程度で出来ますよ!

状況

突然、Google AdSenseで赤い警告が。

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

キャ~(;´∀`)

「不正な広告を防ぎたいから協力してね」ってことですね。

(公式ヘルプはこちら

手順(目安:10分)

サイト運営者 ID を確認→テキスト作成→テキストをアップロードという手順です。

「アカウント」をクリック

Google AdSenseにログインし、

左メニューの「アカウント」をクリックします。

「サイト運営者 ID」をコピー

アカウント情報が表示されます。

一番上の「サイト運営者 ID」をコピーします。

テキストファイルを作成

テキストファイルを作成します。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

公式AdSenseヘルプより

pub-0000000000000000」部分は、先ほど確認したサイト運営IDをペーストします。

こんな感じ↓↓

「ads.txt」として保存

ファイル名は「ads.txt」、テキストファイルとして保存します。

Macでのテキスト形式保存が分からない場合は→ 「テキストエディットでテキスト形式で保存できない (Macの使い方、操作方法

Windowsを使っているなら、サクラエディタなどで作成してね。

エックスサーバーへログイン

エックスサーバーへログインします。

「ファイル管理」をクリック

契約一覧の該当サーバーを確認し、

「ファイル管理」をクリックします。

ドメインフォルダを選択

ドメインフォルダをクリックします。

「public_html」をクリック

「public_html」フォルダをクリックします。

「ads.txt」をアップロード

右側の「ファイルのアップロード」にて、さきほど作成したファイルを選択します。

「アップロード」をクリックします。

出来ました!

エックスサーバー上にアップロード完成です♪

あとは反映を待つだけ!

わーい、カンタンだ!!

急ぎたいなら「Ads.txt チェッカー」で確認

AdSenseの反映まで時間がかかる(約24時間)ようなので、

念の為「Ads.txt チェッカー」で確認します。

URLを入力し、「チェック」をクリック!ぽち!

!注意!
Adblockを使っていると、URLを入力する枠が表示されないよ。
停止して再読込してね。

緑色の○がついていればOK!!

まとめ

Google AdSenseにて、

「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります」と表示されたときも

あせらなくて大丈夫!

エックスサーバーを使ってい場合は、

サイト運営者 ID を確認→テキスト作成→テキストをアップロードという手順で、

10分程度で出来ますよ(∩´∀`)∩ワーイ

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!