【MacBook】エンジニアに外せないアプリ+設定6つ

MacBookを購入したら、設定ですね。

「でも、どんなアプリがいいのかな?」

と、迷えるエンジニアにアプリや設定6点をご紹介します。

また、Macを買ったばかりの方にオススメする、定番アプリもありますよ。

きっかけのツイート

困ったときのTwitter(๑´ڡ`๑)

先輩方、いつもありがとうございます。

Macユーザーなら絶対に外せない!

以下の6点は、MacBookを使い始めた方にオススメ。

これを設定すれば、Macの良さがより引き出せます。

画像を使うなら「Skitch」

スクリーンショットは「Skitch」一択!

ブログやTwitterはこれで撮影・加工してアップしてます。

描き込み、モザイクなどの編集もサクサク。

Evernoteとの連携も可能!(容量には注意)

参照:macOSで画面キャプチャ効率を爆上げするSkitchを使おう

コピー履歴が残せる!「Clipy」

コピーすると、通常は前回のテキストは消えてしまいますよね。

こちらの「Clipy」を使えば、コピーを何回しても、

履歴を見られます。

参照:Macで作業効率アップするおすすめアプリ!「Clipy」でコピペが超便利に!

文字入力なら「Google日本語入力」

初期設定だと、日本語入力がモタツクんですよねえ。。

「Google日本語入力」をインストールすれば、

かなりスムーズになります。

参照:Mac – Google 日本語入力(IME)のインストール

「3本指のドラッグ」を有効に

コピペからの検索、ウインドウを左右へ移動など、

ドラッグが楽になります。

慣れるまでは、ちょっと指が疲れるw

参照:感圧タッチトラックパッドで「3 本指のドラッグ」を有効にする

「Dock表示」を変更

初期設定だと、Dockは下部に表示されていますよね。

左側に表示するようにしたり、自動で隠すようにしたりもできます。

画面が広く使えますよ。

参照:Mac – Dockの表示設定をカスタマイズ

ショートカット登録に「BetterTouchTool」

Macユーザーには定番!「BetterTouchTool」ですね。

自分のすきなアクションをショートカットして割り振れます。

参照:Mac究極の神アプリ「BetterTouchTool(BTT)」導入法と設定まとめ

エンジニアならでは☆

以下6点は、エンジニア向けですよ〜。

コーディングやデザインが捗る!!

データベースなら「Sequel Pro」

データベース管理は「Sequel Pro」が便利そう。

Railsチュートリアルに出てきた「DB Browser for SQLite」を使っていますが、

こちらも分かりやすいですよ。

参照:PHPMyAdminよりも便利なSequel Proの使い方!MacでMySQLの管理が出来る!

ターミナルには「iterm2」

「iterm2」でサクサク。

ウインドウを半透明に出来るのが地味に嬉しい。

参照:iTerm2のおすすめ設定〜ターミナル作業を効率化する〜

マークダウン記法には「typora」

マークダウンを書くときは「typora」が便利。

Qiita派は使ってみては?

参照:どうしてみんなMarkdown書くときTypora使わないの?

表示を分ける「ShiftIt」

ディスプレイを分割表示します。

マルチディスプレイの方には良き良き。

参照:Mac画面分割「ShiftIt」が捗りすぎて笑った

「alias」を登録

bashヘビーユーザーなら、

aliasを使うのが吉。

ショートカットのようなものですね。

参照:個人的によく使う(ベタな)bash alias

デザインには「figma」

デザインツールには「figma」が◎。

リアルタイムで共有、バージョン管理もできるスグレモノです。

参照:Figmaの基本【これからはじめるFigma】

まとめ

MacBookを購入したら、自分好みに設定だ〜。

エンジニアに外せないアプリ+設定6つをご紹介しました。

記事には載せられないほど、たくさんありますよね〜。

「これ便利だよ!」というのがあったら

教えてくださいね(・∀・)