【VBA】棒人間が歩くアニメーション

→約 1 分で読めるよ〜

ExcelVBAを使い、棒人間を左から右へ歩かせてみます。

前回はExcelVBAで棒人間をジタバタさせました。

センスを探している模様()

必要なもの

・シート「動き」(シート名だけ変更)

・シート「コマ」にドット絵(部分的に違う絵を2個)

ソースコード

解説

今回は左→右へ歩くようにしたいので、

指定セルを変更します。

スリープ

前回をご確認ください。

貼り付け場所を1つずつ右へ移動

今回、貼り付ける部分のコードは以下です。

前回は

として、貼り付ける場所を固定していました。

違いは、変数(ループする回数)を利用して、右へ動かしている点です。

i=ループ回数なので、

1回めに貼り付ける場所は、セル(1,1)

2回目はセル(1,2)、3回めはセル(1,3)・・・と変わっていきます。

まとめ

棒人間を右に動かすために、

変数を利用し、貼り付け場所を右へずらしていきました。

ループの概念が理解できましたでしょうか。

もうすこし詳しく知りたい方は

VBAで処理を繰り返すには?(For~Next)を御覧ください。

ここでしか読めない!Web系Masakiさんへの質問

Web系エンジニアは必読。
ポートフォリオは、構想から約2ヶ月で完成したそう。
めっちゃかわいいの!
Twitterも要チェック☆

ほかにも50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!