【ITパスポート】15日間で合格ラインを超えるには?

→約 2 分で読めるよ〜

15日間で、「ITパスポート」の

合格ライン(600点)を超えました。やった〜。

勉強方法と、主な用語をまとめました。

ITの基礎知識を身につけたい方は試してみてくださいね。

https://twitter.com/air1p1/status/1121342002669350914

きっかけ

駆け出しエンジニアが覚えておきたいことで、

資格の話が出てきました。

気になったので、

基礎である「ITパスポート」を、15日間で合格できるのか試してみました。

ちなみに用語などの知識はゼロでした。

https://twitter.com/air1p1/status/1115567290953547776

勉強方法

期間は15日間(2019/4/10〜4/25)です。

1日1~2時間を費やしました。

独学です。

書籍

キタミ式イラストIT塾 ITパスポート 平成31/01年 (情報処理技術者試験) 』を

読みました。

イラストと易しい文で理解しやすいです。

1日50ページ程度。(1冊約500ページ)

動画

YouTubeで「ITパスポート講座」を見ました。

1回が短くまとまっています。

ご飯見ながらとか、スキマ時間でも勉強できるのがうれしい。

再生速度は1.5倍と字幕表示にして、1日10回分くらい。

(全動画は100回+イントロダクション)

過去問

ITパスポート試験過去問道場」で、

過去問を解きまくります。

開催回や分野で絞り込んで出題したり、

間違えたところを復習できます。

1日100問前後。

どんな用語が出るの?

PPM

PPMは、「Product Portfolio Management」の略語です。

市場における成長率と占有率で分析する手法です。

「負け犬」「金のなる木」などの特徴について、

出題頻度は高いように感じます。

システム開発の手法

「ウォーターフォールモデル」、「プロトタイプングモデル」

「スパイラルモデル」について、

どのようなメリットがあるかを掴みます。

ディレクトリ

「カレントディレクトリ」や「ルートディレクトリ」、

相対パスの表記方法も押さえておきたいところ。

これもよく問題に出てきたと思います。

過去問正解率の変化

最初はボロボロだったけど、

合格ラインに届きました〜。

1日目

意味わからん(泣)

正解率:40.0%(40問中16問正解)

7日目

本と動画のおかげで、すこしづつ知識が増えてきました。

正解率:54.7%(64問中35問正解)

15日目

苦手なストラテジを克服したった!

正解率:72.6%(84問中61問正解)

試験結果

テクノロジがギリギリww

 

まとめ

短期間で、「ITパスポート」の6割を正解しました。

IT関連資格としては初心者向けですので、

挑戦してみてはいかがでしょうか。

次は基本情報にトライします!

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!