【AWS】始める前にアラーム設定をしておこう

→約 2 分で読めるよ〜

AWSって、便利ですよね。

1年間無料でオンライン上でいろいろと出来ますし。

ただ、使い方によっては請求される可能性もあるので、

始める前にアラーム設定をしておきましょう。

料金発生しました(泣)

・利用開始:2019年1月ごろ〜(1年未満)

・主な利用:EC2(Railsチュートリアルなど)

・3月末に請求アラームが届く

請求アラーム機能(CloudWatch)の設定

CloudWatchは、

表示画面や作成方法がたまに変わります。

現時点(2019/4)での作成方法をまとめました。

請求情報とコスト管理ダッシュボードへアクセス

請求情報とコスト管理ダッシュボードへアクセスします。

ルートアカウントなど権限者で確認してね。

左側の「Billingの設定」をクリックします。

アラートを受け取る設定

「請求アラートを受け取る」にチェックをして、

「設定の保存」をします。

詳細を決めたいので、

「請求アラートを管理する」をクリックします。

「請求」をクリック

CloudWatch画面が表示されます。

左側の「請求」をクリックします。

「アラームの作成」をクリック

左上の「アラームを作成」をクリックします。

青いので目立ちますね。

 

メトリクスの選択

アラーム作成画面になります。

「メトリクスの選択」をクリックします。

メトリクスは条件みたいなものだと思っていただければ。

「概算合計請求額」を選択

検索窓に「billing」と打って、エンターキーを押します。

「Billing>概算合計請求額」が候補に出てくるので、

クリックします。

メトリクスの決定

画像での通貨はUSDですが、

リージョン(選択地域)によって異なります。

チェックを入れて、

「メトリクスの選択」をクリックします。

合計料金の設定

初期設定だと、

合計料金が「0」になっています。

「1」に変更します。

料金発生したら連絡ちょうだい、という意味ですね。

また、メールの送信先はデフォルトになっています。

変更したいときは「通知の送信先」で選べます。

「アラームの作成」をクリックします。

完成

「アラームは保存されました」というメッセージが出ましたか?

これで安心ですね。

削除したいときは

削除したいアラームにチェックを入れて、

アクションをクリックします。

「削除」を選べます。

確認画面で「はい、削除します」を押せばOK。

まとめ

3月の請求額は1.33ドルでした(*ノω・*)テヘ

アラーム設定忘れないようにね!!!

また、GitHubとの連携AWS Cloud9から GitHubへプッシュするには?

読んでみてね〜。

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!