インタビュー記事って、答える側は何するの?

→約 < 1 分で読めるよ〜

このブログでは、エンジニアの方々に質問した内容を

記事にすることがあります。

「答える側は何するの?」という方に向けて、

どういった流れで進むのかを説明します。

必要なこと

・TwitterでDMが出来る状態

(相互フォロー)

実際の流れ

ねこアイコンが表示されているところが、

実際に行っていただく部分です。

まとめると、「了承、回答、確認」ですね。

協力のお願い

ツイートで募集したり、

気になる方に依頼します。

ブログに載せるので、

「キャッ、はずかしい><」と思う方は無理なさらないでください。

ブログに載せたいんだけど、いいですか?

にゃんですって?

リサーチ

了承を得たら、

Twitterプロフィール、ツイート内容、他サイト情報(あれば)から

情報を集めます。

にゃんこさんは、かわいい。

回答のお願い

5つの質問にまとめて、

TwitterのDMで送ります。

・好きな魚は?
・エンジニア(特に駆け出し)に、何か伝えたいことはありますか?など

回答

文字数制限はありません。

目安は100文字ですが、お好きなように書いていただければ。

期限も無いです。

DMでお返事ください。

エンジニャーよ、
ちゅーるを捧げるのにゃ。

内容の確認

回答の確認をします。

追加質問や、ほかに載せたいアカウント情報は無いか、などですね。

まぐろ味でよろしいでしょうか?

にゃんでもいいにゃ。

下書き

基本的には答えていただいたものを載せます。

句読点によって改行したり、画像やリンクを貼ったりします。

ぺたぺた。

下書きの共有

ある程度完成したら、下書きURLを共有します。

DMでお知らせします。

こんな感じになりました。
よろしいでしょうか?

最終確認(目安:5分)

「このサイトURLも載せてほしい」

「ここは、こういう文言に変えたい」などの意見があれば、

修正します。

了承を得ない限り、アップしません。

ねこだから読めないにゃ。

記事の公開

Twitterで、記事公開をお知らせします。

記事ではなく、
ちゅーるを捧げるのにゃ。

まとめ

インタビュー記事を書くときには、

「了承、回答、確認」をお願いしています、というお話でした。

私から依頼するかもしれませんので、気をつけて(?)

「楽しそう♫」と思った方も、連絡くださいね。

また、記事を作成する側についても読んでみてくださいね。

ここでしか読めない!話題のやめ太郎さんへの質問

Qiitaに投稿する度、話題になる!
やめ太郎さんが、面白おかしく記事を書けるのは
前職がコールセンターだったから??
Twitterも要チェック☆

ほかにも50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!