Railsチュートリアル第6章(2周目)ユーザー名は50文字まで

→約 2 分で読めるよ〜

Railsチュートリアル第6章ユーザーのモデルを作成するについて、

つまづいたことや実行コマンドをまとめました。

ユーザーを新規作成するときのルールだったり、

パスワードをハッシュ化したり、重要なところです。

今回の目標:第6章をざっくり行う

公式はこちら→ 第6章ユーザーのモデルを作成する

理解度は50%を目安にしているので、演習や細かいところはすっ飛ばします。

約1時間で終わらせます。

必要なもの

・AWS (Cloud9)アカウント

・Bitbucket アカウント

(GitHubでも良いが、今回は忠実に進めていく)

・Heroku アカウント

行ったこと

Userモデルを生成する

6.1.1 データベースの移行 にて、

マイグレーションファイルを作成しました。

DB Browser for SQLiteを使用

図 6.6で紹介されている、

DB Browser for SQLite」というツールをダウンロードしました。

ユーザーオブジェクトについて確認

サンドボックスで、ユーザーオブジェクトを作成しました。

検索、更新、検証も出来るんですね。

また、ユーザー名は50文字まで、

メールアドレスも255文字まで、などの制限もしました。

同じメールアドレスでは登録できないとか、

パスワードはハッシュ化するとか、とても重要なところですね。

ユーザーの作成

6.3.4 ユーザーの作成と認証で、

データベースに新規作成しました。

これまではサンドボックスだったので、

本番では記念の一人目です。こんちゃ、Michael!

つまずいたこと

$ rails test:modelsでエラー

リスト6.22 rails test:modelsでエラーになりました。

1) Error:
UserTest#test_email_should_not_be_too_long:
SyntaxError: /home/ec2-user/environment/sample_app/app/models/user.rb:7: syntax error, unexpected ‘:’, expecting end
format: { with: VALID_EMAIL_REGEX }
^

ファイル内がエラーっぽい。

よく見たら、直前に追記したファイル

(sample_app/app/models/user.rb)の、

6行目「カンマ」が抜けてました。

そうよね、「ここ、続きだからカンマ入れてね」とまでは

言ってくれないよね〜。

DB Browser for SQLite

窓の杜からダウンロードして、失敗しました。

公式からだと成功しました。

実行コマンド

 

まとめ

第6章(ユーザーのモデルを作成する)は、

ユーザー登録などの重要な説明がありました。

サービスを使ってくれる方のためにも、

きっちり学習しないとね!

Railsチュートリアル第1章(2周目) はこちら

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!