【Trello】3分でタスク管理を始めよう

→約 2 分で読めるよ〜

今回は、タスク管理「Trello」の紹介をします。

「Trello」の概要と、アカウント作成、

使い方入門編をまとめました。

基本は無料で、3分程度で始められます。

「いっぱいやることがあって、忘れちゃうな」と思う方は試してみてくださいね。

「Trello」とは?

タスク管理、

つまり「やるべきことを見える化」するツールです。

プライベートでもビジネスでも使えます。

「トレロ」と読みます。

基本料金は無料です。

公式サイト

(↓公式Trello紹介ムービー。

英語だけど、読めなくても感覚的に理解できるよ)

導入するには?

必要なもの

・Googleアカウント(またはメールアドレス)

アカウント登録(目安:3分)

公式サイトへアクセス

公式サイトへアクセスし、

「アカウントを作成」(赤枠の部分)をクリックします。

 

アカウントを新規作成

Googleアカウントでログインが出来ます。
一番早いです。

または、名前とメールアドレス、パスワードを入力して、

「アカウント作成」をクリックする方法もあります。
確認メールが届くので、本文内のリンクをクリックします。

ログイン後の画面

はい、ログインできましたあ!

え、これだけ・・・!???

イントロダクションに沿ってみる(目安:5分)

ボードを作成

イントロダクションが出ているので、その流れに沿ってみましょう。

今回は「テスト」というボードを作成します。

ボードとは、タスク全体を表す名前です。

いつでも変更できます。

青色の「↓」ボタンをクリックします。

リストを作成

リストとは、グループ分けです。

今回は「するべきこと」「作業中」「完了」で分けます。

いつでも変更、追加、削除が簡単にできます。

青色の「↓」ボタンをクリックします。

 

カードを作成

やりたいことのタイトルを決めます。

今回は「Trelloの記事を書く」「おにぎりを買う」「Twitterで遊ぶ」とします。

青色の「↓」ボタンをクリックします。

 

チェックリストを追加する

チェックリストを追加できます。

今回は「キャプチャを撮る」としました。

青色の「↓」ボタンをクリックします。

 

利用開始

青色の

「もう完璧ですね!さらにボードを作成しましょう」をクリックします。

さきほど入力したカードなどが、反映されています。

とっても簡単ですね!

カードを使うには?基本例3つ(目安:3分)

イントロダクションで、大まかな流れはつかめたと思います。

今からは、カードについて具体的な使い方を補足します。

カードを追加する

追加したいリスト上で、「カードを追加」をクリックします。

「このカードにタイトルを入力」にタイトルを入れて、

「カードを追加」をクリックします。

カードを移動する

ドラッグ&ドロップで動かせます。

またはカードの詳細からも選択できます。

カードに詳細を追加

カードをクリックすると、このようになります。

詳細を確認、追加できます。

まとめ

今回は、タスク管理「Trello」の紹介をしました。

「Trello」の概要と、アカウント作成、

使い方入門編をまとめました。

視覚的にわかりやすく、使いやすいのが大きなメリットですね。

また、もっと見やすくするために、

ラベルを追加ガントチャートを追加もできます。

ぜひ試してみてくださいね。

ここでしか読めない!Web系Masakiさんへの質問

Web系エンジニアは必読。
ポートフォリオは、構想から約2ヶ月で完成したそう。
めっちゃかわいいの!
Twitterも要チェック☆

ほかにも50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!