「SIer」とはなんだ?分解してみる

今回は、「SIer」と言う言葉に注目します。

エンジニアならば、聞いたことがあると思います。

読みは「エスアイアー」ですよ。

(「スラー」だと思っていたのは秘密だ。アイキャッチ画像はスライムだ。)

てことで、「SIer」を分解します。

分解ってなんだ?

「分解ってなんじゃ?」って思いました?

単語の由来を知ることによって、本質的に理解しやすくなります。

例えばこんな感じ。

「program」= pro(前に)+ gram(書く)→ プログラム、計画

「computer」= com(共に) + pute(考える) + er(もの) → コンピュータ

楽しくないですか???

(だいたい「よく分からない」と言われる・・・)

「SIer」を分解

「SIer」= system + integration + er(人) 

なのですが、さらに細かく分けます。

「system」 = syn(一緒に) + sta(立つ) → システム

「integration」 = in(ではない) + tengr(触る)+ tion(変化) → 統合、統一

 

つまり、「外部からのシステム開発を一括で行う方達(事業)」という意味ですね?

・・・もっとちゃんと知りたい方は、

SIerとは何か」など他サイトにお任せします()

まとめ

「SIer」はシステム開発を一括で担う事業!

分解たのちいいい(*・ω・)ノ

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!