【Slack】画像で始め方を解説!アカウント作成と招待まで簡単5分

→約 2 分で読めるよ〜

コミュニケーションツールとして人気上昇中の「Slack」!

今回はSlackについて、

アカウント作成や他の人を招待する方法をまとめました。

素早いチャットのやり取りと、外部サービスとの連携ができれば、

さらに効率的になりますよ。

Slack(スラック)とは?

・人気の高いチャットツール

料金は無料で使える。有料版もあり。

・外部サービスとの連携が豊富(Trello・GitHub、Googleドライブ、Twitterなど)

ソースコードが共有しやすい

絵文字がカスタムできる

Slackbot君とも遊べるね!

アカウントとワークスペースを作成する(目安:5分)

アカウントとワークスペースという「部屋」を作ります。

いろんな人が話すための場所ですね。

必要なのはメールアドレスのみです。

ワークスペース作成ページにアクセス

メールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。

 

確認コードを入力

先ほど入力したメールアドレスあてに、コードが届きます。

こちらの画面に入力します。

 

社名を入力

社名またはチーム名を入力します。

「次へ」をクリックします。

プロジェクト名を入力

今回は「test1」にしてます。

「次へ」をクリックします。

他メンバーを追記(任意)

この時点でメンバーが決まっている場合、入力します。

今回は後ほど追加するので、「後で」をクリックします。

チャンネルが完成!

はい、できました。簡単ですね!

緑色の「Slackでチャンネルを表示する」をクリックすると、使えます。

アカウント設定

今のままでも使えるのですが、アカウント設定もしておきます。

Slack内の「新規登録を終了する」を押すと、各種設定ができます。

氏名やパスワード、Slackワークスペース名、URLを入力しておきましょう。

これだけでスタートできちゃうんだね。

メンバーを追加する(目安:3分)

「すでにワークスペースがあり、メンバーを追加したい。」

そんなときも、メールアドレスがあればスグ出来ます。

メンバーを追加

「メンバーを招待」または「メンバーを追加する」をクリックします。

メールアドレスと氏名を入力

メールアドレスと名前を入力し、

「招待を送信する」をクリックします。

複数人を一気に呼ぶこともできるんだね。

メールが届く

先ほど入力したメールアドレスに、Slackからメールが届きます。

「今すぐ参加」をクリックします。

アカウント作成

もしアカウントを持っていない場合は、

氏名やパスワードを入力し、作成します。

「次へ」をクリックします。

利用規約の確認をして、「同意します」をクリックします。

招待完了!

ワークスペースに入れます。

招待も簡単だね。

参照

Slack はじめてガイド – Slack 

まとめ

チャットツール「Slack」の始め方をまとめました。

メールアドレスがあれば簡単にアカウントを作成できるんですね。

人気の理由として、

Trelloとの連携が出来るのでチーム作業が捗る、

ソースコードが共有しやすいのでエンジニアには助かる、といったところでしょうか。

Slackを使い倒して、スムーズなコミュニケーションを始めましょう!

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!