Railsチュートリアル第4章(2周目)rails cで遊ぶ

→約 < 1 分で読めるよ〜

2周目の目標は「14章までざっくり行う」です。

理解度は50%を目安にしているので、演習や細かいところはすっ飛ばします。

Railsチュートリアル第1章(2周目) はこちら

今回の目標:第4章をざっくり行う

公式はこちら→ 第4章Rails風味のRuby

約1時間で終わらせます。

必要なもの

・AWS (Cloud9)アカウント

・Bitbucket アカウント

(GitHubでも良いが、今回は忠実に進めていく)

・Heroku アカウント

行ったこと

カスタムヘルパーを使い、Homeページコードを修正しました。

irbの設定を行い、Rubyの基本(出力や配列など)を確認しました。

組み込みのクラスについて説明がありました。
コードには大きな変化はありませんが、Herokuにデプロイしました。

つまずいたこと

顔文字に見えて止まってしまった

(‘a’..’z’)の部分、(゚Д゚≡゚Д゚)?みたいで・・・

実行コマンド

 

まとめ

Railsチュートリアルで、Rubyの概念も説明してくれるんですね。

ドットインストールやProgateで学んだことがあるので、

なんとなく理解できました。

なにも知らない状態で読むと、サッパリピーマンかもしれません。

ここでしか読めない!Web系Masakiさんへの質問

Web系エンジニアは必読。
ポートフォリオは、構想から約2ヶ月で完成したそう。
めっちゃかわいいの!
Twitterも要チェック☆

ほかにも50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!