Railsチュートリアル第2章(2周目)ユーザー登録が1行で?

→約 2 分で読めるよ〜

2周目の目標は「14章までざっくり行う」です。

理解度は50%を目安にしているので、演習や細かいところはすっ飛ばします。

Railsチュートリアル第1章(2周目) はこちら

今回の目標:第2章をざっくり行う

公式はこちら→ 第2章 Toyアプリケーション

約1時間で終わらせます。

必要なもの

・AWS (Cloud9)アカウント

・Bitbucket アカウント

(GitHubでも良いが、今回は忠実に進めていく)

・Heroku アカウント

行ったこと

scaffoldを使って、

ユーザー新規登録とマイクロポスト(140文字以下のつぶやき)作成が

できるようになりました。

Herokuに反映しました。

つまずいたこと

bundle install

エラーが起きました。

Running bundle update will rebuild your snapshot from scratch, using only the gems in your Gemfile, which may resolve the conflict.

よくみたらGemfile編集を間違えてました。
前回作ったGemfileと同じようなのでコピペし、再度bundle install。
解決しました。

git remote add origin

git pushしたら怒られました。

repository does not exist.
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.

git remote add origin git@bitbucket.org:〇〇/toy_app.git

の際に、「toy_app.git」じゃなくてなぜか「toy_app/src」と間違えていました。

なので、一回git remote addを取り消します。

無事削除されたので、再度git remote addします。

実行コマンド

 

まとめ

すごいよ、scaffold!

手っ取り早く、ユーザー登録とつぶやきなどが

できる状態になりました。

本番反映への流れが大まかに理解できました。

つまずいた2点は、きちんと確認すれば防げます。

なんで「src」って打ち込んだんだろう。
頭が鉄骨鉄筋コンクリートでいっぱいだったのかな。

それともsourceの方かな。

意味がわからないので休憩します。

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!