【Railsチュートリアル】第1章(2周目)えっ、もうデプロイしちゃうの?

→約 2 分で読めるよ〜

今回から、Railsチュートリアル(2周目)について書いていきます。

2周目の目標は「14章までざっくり行う」です。

理解度は50%を目安にしているので、演習や細かいところはすっ飛ばします。

(1周目はこちら

今回の目標:第1章をざっくり行う

公式はこちら→ 第1章ゼロからデプロイまで

必要なもの

・AWS (Cloud9)アカウント

・Bitbucket アカウント

(GitHubでも良いが、今回は忠実に進めていく)

・Heroku アカウント

行ったこと

アプリを作成し、Herokuにデプロイしました↓

ざっくりと進みました。

・AWS Cloud9 新しいワークスペースを作成

hello_app を作成

・gem インストール

・hello, world! を表示

・Bitbucket 連携

・Heroku 連携

・デプロイ

つまずいたこと

Bitbucket アカウント作成

チュートリアルの手順通りに行えば大丈夫です。

公開鍵の作成は、AWS Cloud9とGitHubを連携するには?と同じ方法です。

Heroku アカウント作成

1.Heroku へアクセス

2.右上の「新規登録」をクリック

3.必要事項を入力
(会社名は空白、役職は「趣味でのご利用」、主な開発言語はRuby)

4.メール認証(メール内のリンクをクリック)

Heroku ログイン

を使うと、ログイン出来ずにエラーとなりました。

強制ログインコマンドを使えば大丈夫でした。

実行コマンド

まとめ

第1章でデプロイまで行けるスピード感・・・さすがRails。

そうは言っても、約1時間かかりました。

先に各アカウントは用意しておいた方がいいですね。

演習も行うなら、2時間くらいかかるかもしれません。

とりあえず第1章の目標は達成です!

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!