【AWS】Cloud9からGitHubへプッシュするには?

→約 < 1 分で読めるよ〜

今回は、

AWS Cloud9からGitHubへプッシュします。

これにより、 GitHubに変更点の反映ができるようになります。

必要なもの

・AWS Cloud9アカウント

・GitHub アカウント

(持っていない場合はこちら、連携するにはこちら

手順

「git status」を入力

前回から、何が変わったのかを確認します。

「git add -A」を入力

今回は全フォルダを選択しますが、いくつか指定方法があります。

「git commit -m ‘説明’」を入力

簡単な説明文を書きます。

例えば、「git commit -m ‘test’」などです。

「git push origin」を入力

プッシュできましたか〜?

AWS Cloud9側のbash

GitHubの結果

プッシュ前

9行目の「now loading…」が最後のコードですね。

プッシュ後

12行目の「music start!」までが反映されていますね!

まとめ

これで、AWSとGitHubの連携が完璧になりましたね!

便利です〜。

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です