メッセージにアイコン(!マーク)を追加するには?

→約 2 分で読めるよ〜

ボタンを指定しないで「!」を表示させるときは
「MsgBox “表示させたい内容”, vbExclamation」 と書けばいいんだね

今回は、メッセージにアイコン(!マーク)を追加しましょう。

重要なメッセージには、目立つようにアイコンを付けてあげたいですね。

表示ボタンを変更したときと同じように、MsgBox関数に追記します。

「MsgBox “表示させたい内容”, (希望のボタン + )希望のアイコン」とします。

以下をコピーし、ひとつずつ見ていきましょう。

 

1.(ボタン指定あり)警告アイコンにする場合

「MsgBox “表示させたい内容”, 希望のボタン + vbCritical」と書きます。

ボタンを押して、進みます。

次からはボタンを指定せずに、アイコンを変えていきます。

 

2.警告アイコンにする場合

「MsgBox “表示させたい内容”, vbCritical」と書きます。

 

3.問い合わせアイコンにする場合

「MsgBox “表示させたい内容”, vbQuestion」と書きます。

 

4.注意アイコンにする場合

「MsgBox “表示させたい内容”, vbExclamation」と書きます。

 

5.情報アイコンにする場合

「MsgBox “表示させたい内容”, vbInformation」と書きます。

 

アイコンも表示できましたね!

ボタンを指定しないで「!」を表示させるときは
「MsgBox “表示させたい内容”, vbExclamation」 と書けばいいんだね

ここでしか読めない!Web系Masakiさんへの質問

Web系エンジニアは必読。
ポートフォリオは、構想から約2ヶ月で完成したそう。
めっちゃかわいいの!
Twitterも要チェック☆

ほかにも50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です