Excelで記録した中身を見てみよう

→約 < 1 分で読めるよ〜

プログラムの中身を見ていこう。
1.VBEを起動
2.「Subプロシージャ」の確認

前回までに、

EXCELの操作を記録し、再生するところまで できました。

まだ記録してないよ!という方はこちら → EXCELでの操作を記録してみよう

今回は 記録した内容を見てみます。

 

1.VBEを起動

記録した内容を編集するためのツールを

「VBE(Visual Basic Editor)」といいます。

方法はいくつかありますが、

「Alt」 + 「F11」 キーをクリックする方法を覚えてみてくださいね。

↓このような画面が出ます。

2.「Subプロシージャ」の確認

前回記録した内容によって、

「処理の内容」部分は異なりますが

このように書かれていると思います。

 

Sub 前回登録したプログラムの名前()  
  処理の内容
End Sub

今回は A1セルに「テスト」と書いた場合の

プログラムを見てみましょう。

この形式を 「Subプロシージャ」といいます。

Sub プロシージャ名()  
  処理の内容
End Sub

 

この形は、プログラムを書く中で基本となります。

最初は分かりづらいかもしれませんが、

ゆっくり覚えていきましょう。

プログラムの中身を見ていこう。
1.VBEを起動
2.「Subプロシージャ」の確認

ここでしか読めない!Pythonエンジニア村上さんへの質問

TwitterやQiitaで話題のエンジニア!
村上さんがエンジニアを目指したきっかけは、「2ch」?!
熱い気持ちが文字からも伝わってくるよ。
Twitterも要チェック☆

50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です