「VBS」でVBAの練習

→約 2 分で読めるよ〜

­

「VBS」でVBAの練習
1.テキストファイルを新規作成
2.コードを書く
3. 「.vbs」として保存
4.ダブルクリックで実行

EXCELが無くても、練習はできるんだね!

「EXCELが手元に無いなあ・・・」という方も大丈夫です!

Windowsを使っている場合は、「VBS(VBScript)」を使えます。
最初から入っているプログラムなので、
新たに ソフトをインストールなどはしません。

手順を見ていきましょう。

1.テキストファイルを新規作成

・「右クリック」→「新規作成」→「テキスト ドキュメント」

2.コードを書く

以下のコードをコピーし、
手順1のテキストに ペーストします。

※VBAとの違いは
コードの最後に「Call 〇〇○()」と書くところです。

3. 「○〇〇.vbs」として保存

「ファイル」→「名前をつけて保存」→
保存場所はデスクトップなど お好きな場所→

「hello.vbs」として保存

・任意の場所に ファイルが保存されます

4.ダブルクリックで実行

手順3のファイルをダブルクリックすると、実行されます。

「OK」をクリックすると、終了します。

 

まずはこちらで馴れてから、
EXCELを購入してもいいかもしれませんね。

「VBS」でVBAの練習
1.テキストファイルを新規作成
2.コードを書く
3. 「.vbs」として保存
4.ダブルクリックで実行

EXCELが無くても、練習はできるんだね!

ここでしか読めない!話題のやめ太郎さんへの質問

Qiitaに投稿する度、話題になる!
やめ太郎さんが、面白おかしく記事を書けるのは
前職がコールセンターだったから??
Twitterも要チェック☆

ほかにも50名以上のお話が読めるのは、このブログだけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です